つくばみどりの院

受付時間

TEL

map

つくばみらい院

受付時間

スタッフブログ

夜間運転での安全を守るために【ふかざわ整骨院グループ】

夜間運転での安全を守るために【ふかざわ整骨院グループ】

 

茨城県つくば市つくばみらい市のふかざわ整骨院グループでは、交通事故の専門施術を行うと同時に、交通事故の啓蒙活動を行い、必要な情報を提供しています。

本日は夜間運転の際の注意点とその対策についてのコラムを書いていきたいと思います。
夜間は日中より交通事故リスクが高まりますので、夜間に車を運転される際は最新の注意を払いましょう!

【視認性の低下】
夜間の運転で最も大きなリスク要因は視認性の低下です。日中の明るい環境では、道路状況や他の車両、歩行者を簡単に確認することができます。
しかし、夜間になると、街灯や車のヘッドライトに頼らざるを得なくなります。
これにより、歩行者や動物が突然飛び出してくる場合、運転者がそれを認識して対応する時間が短くなります。

【夜間は速度を出しやすい】
夜間は周囲が暗くて見えにくいため、速度感が鈍り、速度超過になりやすいといわれています。
しかも、夜間は昼間に比べて交通量も少ないことから、一層速度を出しやすくなります。
視界も悪いことによりブレーキが間に合わずぶつかってしまう可能性が高くなります。

【疲労と注意力の低下】
夜間は多くの人にとって自然な睡眠時間です。このため、夜間運転中のドライバーは疲労を感じやすくなり、注意力が散漫になる可能性が高まります。
疲労は反応時間を遅らせ、判断力を鈍らせるため、事故のリスクが増加します。

【事故防止のための対策】
夜間運転の事故率を低減するためには、いくつかの対策が考えられます。

1. ヘッドライトの適切な使用
ヘッドライトは適切なタイミングで点灯し、対向車がいる場合はロービームに切り替えることが重要です。
2. 十分な休息
長時間の運転を避け、こまめに休憩をとることで、疲労を軽減し注意力を維持することができます。
3. アルコール摂取を避ける
運転前にアルコールを摂取しないことは基本中の基本です。
4. 速度の調整
視界が悪い状況や悪天候の場合、速度を落とすことで危険を回避しやすくなります。
5. 定期的な車両点検
ライトやブレーキなど1年に1回は必ず受けるようにしましょう。

《著書》
管理柔道整復師 野平
2024年1月 ふかざわ整骨院グループ入職
ふかざわ接骨院つくばみらい院 施設管理者

 

お問い合わせ

TEL

MAP

受付時間

住所

〒305-0882
茨城県つくば市みどりの中央82-7

駐車場

専用駐車場14台完備

TEL

MAP

受付時間

住所

〒300-2358
茨城県つくばみらい市陽光台1丁目18-5